昔の日本人って今の時代の人よりのハゲが多かったのか、少なかったのか、

正直、気になります。

どうも昔の日本人には洗髪習慣がなかったらしく、洗っても月に1回とか。

今の時代で言うと、車を洗う頻度くらいじゃないですか。笑

 

月1の洗髪なんて現代の常識では、

  • 臭そう
  • 痒そう
  • そして、ハゲそう。

という風に感じます。

 

皮脂が原因で薄毛になった人もそれなりにいたでしょうし、

AGAの人もいたと思いますが、今ほどハゲに悩む人が多い時代は無かったんじゃないか?

と思うんですよねー。

 

戦後の習慣が原因か?

戦後から、日本人は食生活から生活習慣まで欧米化していきました。

肉をそれまでよりも多く食べるようになり、シャンプー文化も始まりました。

 

こうした習慣の変化がハゲにつながっているのかな?と思っています。

だから、意識的に食生活を見直すとかシャンプーを見直す(種類と頻度)のが大事なんじゃないか?

と思っています。

 

原因って一個じゃないからハッキリとしたこと言えないし、絞り込めないけど、

時代をさかのぼってみることで見えてくるものもあると思います!