湯シャンって大丈夫なの?危険なんじゃないの?

と思っている方も結構いるし、そもそも存在を知らない人の方が多いですよね。

 

かく言う私も2017年になってから湯シャンの存在を知りました。

1月8日(日)からの湯シャン生活がスタートしました。

 

途中イレギュラーな展開もありましたが(美容室でシャンプーされてしまった!)、

自発的なシャンプーは一切していません!

 

約3ヶ月続けてみての実感している効果

まず、「頭がかゆいーー」となる率がかなり減りました。

たまに頭皮に湿疹っぽいものが出来て、かゆい上に掻くと痛いみたいなことがあったんですが、

まずそれが無くなりました。頭皮湿疹的なものが完全に治りました。

 

それでも痒くなることはあります。

ついついお風呂に入る前に寝落ちしてしまった時などは、かゆくなります。

前回の湯シャンから時間が経てばたつほど、かゆくなる率は上がりますからね!

 

それでもシャンプー使ってた時代に比べたら格段にかゆくならないんです。これ。

それだけ、シャンプーが刺激物で”頭皮を洗いすぎていた”んだなーと思うんですよね。

 

なので、「ちょっと頭皮環境が気になるんだよねー。」って方にはオススメしますよ、湯シャン。

最初の1ヶ月はアレコレ面倒ですが、そこを越えると楽になります。

体が適応してくるんです。湯シャン環境に。

 

湯シャンって危険なの?

始めるにあたって色んな情報や口コミを見ました。

お湯で洗うだけなので、危険なことなんて何も無いんですよね。

 

ただ、注意したいのはやっぱりニオイ。

普段からシャンプーをバンバン使っている人は、段階的に減らしていくのがオススメです。

何でかって言うと、湯シャンを断念した女性に聞いた話だと、

最初のうちはアブラでベタつくのが気になってしまって耐えられなかったと。

 

皮脂の量が、「シャンプー毎日使っている仕様」になっているんです。

シャンプーって洗浄力が強いので、必要な皮脂まで取ってしまっていることがあります。

それをずっと続けていたら体もその状況に対応して、皮脂の分泌量を本来よりも多くします。

 

そういった状態で、いきなりシャンプーを止めてしまうと皮脂が多い割に落としきれない。

という事態になります。

ここの対処としては、一日に2回以上湯シャンすれば良いのですが、

時間的な都合でムリなケースが多いですので、現実的な方法は”シャンプーを段階的に減らす”です。

 

湯シャンの効果を得るやり方

いきなりでも徐々に体は対応します。

一気に対応はできないので、それなりに時間がかかりますし、

その間、頭皮のニオイはかなり気になると思います。

 

なので、”毎日のシャンプーの量を減らす”ところからのスタートがベターです!

500円玉くらいのシャンプーの量を100円玉くらいに減らし、

それを1円玉くらいに減らし、大豆くらいに減らし、米粒くらいに減らし

という風に段階的に減らします。

 

そして、湯シャンの日と少量のシャンプーの日を交互にしていって、

シャンプーする日の間隔を広げていくとムリがありません。

 

一番のネックはニオイ

私の場合は、元々シャンプー習慣に気を使っていたってのもありますが、

湯シャンに替えて1ヶ月くらいはニオイは気になっていました。

臭いってわけじゃなく、臭っててもおかしくないかも?という思いがあったんですよね。

 

約3ヶ月経った今では、全然気にならないんです。本当に。

湯シャン仕様の頭皮になっているのがわかります。

 

シャンプーしないのでフローラルなニオイはしませんが、酸化した頭皮のニオイもしません。

皮脂の量が落ち着いたからですね。

 

上で書きましたように、臭くならないように対策しながらの方法が成功率高いです。

段階的に減らす方法が、やりやすいし体も慣れやすいと思います。

 

 

あくまで個人の感想なんで、万人に当てはまるとは言えません。

ただ、自分の頭皮の状態に合わせたやり方を考えて、

修正を加えながら実践していけば「湯シャンで十分じゃないか!」ってなりますよ。

 

信じるか信じないかはアナタ次第!だし、やるもやらぬもアナタ次第!です!