湯シャン、意識せずにたまにやっていました。

意識せず、たまにやるのじゃ意味ないんですけどね。笑

 

で、この湯シャンなんですが、

  • 抜け毛が増えた
  • 抜け毛が減った

という正反対の口コミがあるんです。

何がどうなってるのか?って気になりますよね。

ということで調べてみました!

 

湯シャンって何なの?どうやるの?

湯シャンは、”お湯がシャンプー代わり”ってことですね。

 

分かりやすくするためにシャンプーのシャンって言葉が入っていますが、

要はシャンプー使うのやめようぜ。的な意図が主です。

 

やり方は超シンプル。

お湯で洗髪する。シャンプーを付けて洗髪しているかのように洗う。

 

これだけで7~8割の汚れは落ちているのだそう。(びっくり)

 

湯シャンは意外な人が実践している

有名人で言うと、タモリさん。

俳優の福山雅治さんも湯シャンをしているとラジオ番組か何かで語っていたんだとか!

 

タレントのYOUさんもそうみたいです。

YOUさんは女性ですから、女性で湯シャンしたい方には強い後押しになりそう。

 

人前に出る仕事をされてる芸能人の方が実践されてるのって、影響大きいですよね。

 

湯シャンをする人がいる理由

シャンプーは皮脂を取りすぎてしまう。

肌に合わない。

などがあるからだと思います。

 

シャンプーは今でこそ生活必需品になっていますが、主流である液体のシャンプーが登場したのは1955年頃だそうです。

歴史としては、60年くらい。

 

石鹸で洗うようになったのだって、明治時代くらいからなんだそうです。

それまでは髪を洗うのは、1ヶ月に1回とかの頻度だったそうだから、現代から見たら驚きです。

 

ということから、湯シャンをしている人たちは、”髪、頭皮にとって自然なこと”をしていると言えます。

髪を洗浄しないのが問題だったら、もっと昔からシャンプーのようなものがあったと考えるのが自然です。

 

 

あと、ひときわ目を引いたのが、「人間には自浄作用がある」という話。

だから、それを促進してあげるくらいでいい。

そんなに一生懸命に洗わなくてもいい。ってことなんです。

 

 

シャンプーで皮脂を取りすぎることで抜け毛、薄毛につながることがあるのは知っていて、

洗髪に関しては意識していました。洗髪を一生懸命やってはいけない

 

でもシャンプーを使わないって発想はなかったです。

 

湯シャンで抜け毛が増えるのか?

色々と口コミをチェックしたんですが、明らかに”抜け毛が減った”という意見の方が多いんですよね。

しかもその手の口コミをしている方は、湯シャンを中長期的に続けている(1年以上)ケースが多いです。

 

抜け毛が増えてしまう方も人によってはいるかもしれないですが、続けてみないと合う合わないは分かりません。

色んなシャンプーをアレコレと試すよりは良いような気がします。

 

少なくとも自分は、頭皮の汚れを取りすぎる危険を冒すよりは湯シャン派です!

 

ニオイとかかゆみ、フケが出ないか気になる

湯シャンはノーコストで出来るってので便利ではありますが、

  • 頭が臭くなるんじゃないか?
  • かゆくなるんじゃないか?
  • フケがたくさん出るんじゃないか?

などなど、不安要素がいっぱい。

 

臭くはならない、、らしい

頭皮本来のニオイになるらしいです。

洗ってない髪の毛の皮脂が熟成されたようなニオイにはなりません。

ただ、シャンプーのような芳しい香りは絶対に出ません!笑

 

多分、シャンプーが当たり前すぎて、「洗髪=髪の毛がいいニオイになる」的な先入観が出来てしまっているフシはあります。

だから頭皮本来のニオイでも、”いい匂いじゃない≒臭い”的なイメージになっている感じ。

 

かゆくならない、、らしい

シャンプーを使ってない=ちゃんと汚れが落ちていない

これも先入観なんですよね。

 

フケも出ない、、らしい

湯シャンでフケが増えたって話はありません。

私はたまにフケが大量になるときがあるので気になる点です。

フケが多い時があるから原因が気になった

 

湯シャンを実践してみよう

”○○らしい”とか書いてて非常に気持ちが悪いし、調べている内に「湯シャンいいじゃん!」って思ったので実践します。

実践して、感想や結果なんかを何度かに分けてレポートしていこうと思います!

 

百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず、百行は一果にしかず!