湯シャンが興味深くて色々と調べてます。

当然、賛否両論はありますし、変化の仕方だったりも個人差があります。

 

それで感じたのが、”頭皮環境が違うからケースバイケース”だということ。

 

湯シャンを始める前に把握しておきたいこと

例えば、

  • 低刺激のシャンプーを1日1回使っていた人
  • 洗浄力強め(皮脂を根こそぎ系)で1日2回使っていた人

では、1日に出る皮脂の量が違うんですよね。

 

もちろん、後者の方が皮脂がたくさん出やすい環境です。

頻繁に皮脂が取り去られるから、頭皮は慌てて皮脂を出します。(必要ですもんね)

そして、そういうシャンプー習慣が長いほど、出る皮脂の量は定着してしまうのでしょう!

 

こうした人が湯シャンを始めた場合、皮脂が取れてない感が強いようです。

 

前提で取り組み方が変わってくるなぁと感じています。

それをすっ飛ばして、ネットの情報通りにいかず、「オカシイな。。。」となる。

 

皮脂が多い場合の湯シャン

熱いお湯だと皮脂が取れすぎて、かえって乾燥しやすくなるという話です。

けど、あまりにぬるくても皮脂が溶けないから落ちにくいって話も。

 

それまでのシャンプー習慣で頭皮環境がオカシクなっているんだったら、

変わるのに時間がかかるのは当然だから、その前提で進めて行けばいいよね!

って思うんですよね。

 

シャンプーを徐々に減らしていく法

例えば、ムキムキマッチョマンになりたい!って思ってなろうとした時に、

いきなりクッソ重いバーベルで筋トレしだすと色んな問題が生じますよね。ケガしたり、ツラさで心折れたり。

 

階段を一段ずつ下りるかのようにシャンプーを減らしていくやり方。

これ、割と推奨されている方法なんですよね。

特に女性向け。やっぱりニオイとか気になりますもんね。

 

そんな感じで、1日1回だったのが、2日に1回のシャンプーに減らす。

シャンプーしないときに湯シャン。

と、徐々に頭皮を良い方向に導いていくイメージ。

 

自分の現在地を把握して、目的地までの行き方を決める感じ。

じゃないと中途半端に実践して、うまくいかねーじゃねーか!と喚くことになりかねません。