「男性ホルモンが強い人はハゲやすい」

って聞いたことありますよね。

通説みたいになってます。

 

テストステロンって何だい?

テストステロンは、男性ホルモンの一種です。

コレ自体は非常に優秀な効果を持っていて、男性の強い味方といえるほど!

 

テストステロンの持つ素晴らしい効果

  • 筋肉がたくましくなる
  • 精力がアップする
  • やる気が溢れてくる

などなど、男性にとってはプラスの作用が多いのが特徴。

 

 

ただ、薄毛の原因、脱毛を促すということも言われているのです。

 

テストステロンが抜け毛、薄毛につながる理由は?

テストステロンが、ジヒドロテストステロンに変わってしまうことが理由なんだとか。

 

何だか専門的な用語が出てきて分かりにくいです。

 

「好青年なテストステロン君が、”とある理由”でやさぐれてしまい

ジヒドロテストステロン君になって暴れて悪さする」

というイメージで理解してます。笑

 

テストステロンを悪者に変えるものとは?

じゃあその”とある理由”って何なんだ?がポイントです。

理由もなく、絶対に変わってしまうというわけではなく、

5αリダクターゼという酵素が原因。

 

テストステロン君をグレさせる悪いヤツ、それが「5αリダクターゼ」

こいつを近づかせないために効果あると有名なのが、「フィナステリド」です。

フィナステリドは、プロペシアの有効成分として使われています!

 

テストステロンを分泌する方法

薬などで補充するという方法もあるようですが、副作用がもろもろあるみたいです。

 

一番手っ取り早くテストステロンを出す方法は、筋トレです。

筋トレをするとテストステロンの分泌され、男性としての魅力が増すと言われてます。

 

筋トレをすることで運動不足解消にもつながりますので、結果的に育毛にも良い効果をもたらします。

ちなみに筋トレでテストステロンを分泌する分には副作用はありません。

 

何だか裏技みたいで反則っぽい印象を受けますが、そういうものなので活用した方がいいですね!

ちなみに私は筋トレしています!