逆立ちが育毛にいいとか。

物は試しとばかりに、実際に逆立ちしてみると、、、

頭に血液がすごく流れてくる!!笑

 

逆立ちが育毛に効く理由

栄養や酸素というのは、血液によって運ばれます。

 

なので、逆立ちをして頭への血流を促進してあげると頭皮に栄養が届きやすくなります。

さらには、溜まった老廃物を流す役割もあります。

 

最初はクラクラするもの、慣れが肝心

逆立ちって慣れていない最初のうちは頭に血が上る感じでフラフラすることもありますが、慣れてくると、血液をスムーズに戻すようになります。

ということは、逆立ちをしていない時よりも頭皮への血の巡りは良くなります。

 

結果的に、

逆立ちをしていない状態よりも血流が促進される。

→ 髪に栄養が行きやすくなる。

→ 育毛につながる!

のです!

 

髪に良い逆立ちのやり方

体操選手みたいなキレイな逆立ちなどは出来なくてよいので、

壁に支えてもらうような形で、30秒~60秒くらいを毎日続けるのがベターです。

 

 

最初は30秒でもキツイですが、人間は慣れるものですから、その内に楽勝になります。

60秒が平気になってくる頃には、頭皮周りの血流も良くなって以前より健康になっていることでしょう。

 

逆立ちは筋トレになるからテストステロンが出る

逆立ちをしてみるとわかりますが、肩が疲れます。

体重を腕で支えるので、とてもいい筋トレになるんですよね。

 

そして、筋トレをするとテストステロンという男性ホルモンが分泌されます。

関連記事:テストステロンと薄毛の関係

 

男性ホルモンが薄毛につながるという話は有名ですが、テストステロン自体は悪者ではありません。

5αリダクターゼという酵素のせいで、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わってしまうのが問題なんです。

 

テストステロンには男性としての魅力をアップさせる効果があります。

 

AGAへの効果は期待できない

逆立ちをして頭皮の血流をよくして、髪に栄養を運ぶのが活発になるのはとてもいいことですが、AGAの場合、根本の原因が血流ではないので効果は期待出来なさそうです。

 

上にも書いたように、5αリダクターゼという酵素が主な原因なので、AGA対策は、それを何とかするアプローチが大事です。

関連記事:AGAの原因と対処法ってコレだったんだ

 

 

とは言え、髪のみならず内臓など健康へのメリットも色々ある逆立ちですので、日々の日課にして損はないと思います!

※ただ、高血圧の方は、やらないほうがいいと言われていますので注意してください!