以前の記事(AGAを自宅で治療できる育毛剤)で登場した

輸入代行でAGAを自宅で治療する方法には、

フィナステリドの他、ミノキシジルという育毛に有効な成分が含まれています。

 

ミノキシジルの効果って?

ミノキシジルには、血管を拡張させて、血流を促進させる効果があります。

 

栄養とか酸素って血液によって運ばれますので、血流の促進は髪にとても良いです!

しかも頭皮って体の末端にあるので、血液が届きづらかったりします。

 

血流が悪い場合、頭皮の血の巡りが悪い可能性があり、

それによって髪に栄養が十分に行きわたってないかも知れません!

 

ということもあり、ミノキシジルの育毛効果は非常に高く評価されています。

 

ミノキシジルの副作用が気になる

高い効果がある反面、副作用もあります。

そのため、フィナステリドと同じく医薬品となってます。

 

起こる可能性のある主な副作用として有名なのが、

  • かゆみ
  • 発疹

です。

 

ミノキシジルには塗るタイプとタブレットがある

塗るタイプの場合、肌への刺激が強い場合、

かゆくなったり、頭皮が熱く感じることがあるようです。

塗る量の調整で、ある程度はコントロール可能ですね!

 

しばらく使ってみて、合わないなと感じた方は、タブレット(飲むタイプ)に移行することが多いです。

 

副作用があると聞くと身構えてしまいますが、大事なのは”使い方”ですよね。

安全の範囲内で決められた用量を続けることで本来の効果を発揮します。

 

医薬品ですので、市販の育毛剤と違って早い段階での反応が見られ、

テンション的にも続けやすい面は強みですね!

 

AGAを自宅で治す育毛剤についての記事はこちら。