以前の記事(ミノキシジルの効果と副作用)で、ミノキシジルについて書きました。

 

主にミノキシジルには、

  • 血管を広げる
  • 血流が良くなる

という効果があるため、

「酸素や栄養が毛根に届けられやすくなる」

という結果になります。

 

髪に栄養が行き渡らずに、十分に成長しきれず志半ばで抜け落ちてしまう。。。

というのが薄毛の状態です。

 

”そんな髪の毛たちを元気にさせる”効果が期待できるわけです!

 

女性がミノキシジルを使ってもいいの?効果ある?

ミノキシジルタブレットは、女性が使うのはダメとなっています。服用できません。

塗るタイプは、男性用よりも薄めたものであればOKってことになっています。

 

ミノキシジル配合の女性用の育毛剤は、リアップリジェンヌが有名ですよね!

あれはミノキシジル配合濃度が1%なんだとか。

 

1%で効果あるの?って気はしますが、女性の場合、

男性用よりも低くても十分な発毛効果が得られるんだそうです。

 

とはいっても、女性が使えるミノキシジル育毛剤は、”男性用より薄めた塗るタイプのみ”ですので、

選択の幅は狭いと言わざるを得ませんね!

 

どんな女性向け?

FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるものがあるそうです。

 

女性の中でも男性ホルモンが強めの方もいらっしゃいますし、

年令を重ねると女性ホルモンが減少しますので、そういう症状もあるんですね。

 

その場合、医薬品であるミノキシジルは頼れる味方になりそうです!

 

女性が気をつけたいミノキシジルの副作用

女性はミノキシジルタブレットなど内服薬を使えないので、

塗るタイプのミノキシジルの副作用が主です。

 

塗った肌が痒くなるという”ミノキ焼け”と呼ばれる副作用が有名です。

 

ミノキシジルタブレットみたいな内服タイプだったり、濃度が濃いめのものだと

血圧の低下による、めまいや倦怠感、頭痛、眠気などがあるようです。

 

1%に薄めたものですから、副作用を感じるケースは少ないようですが、

それでも一定の割合で副作用があるみたいです。

 

ミノキシジル使用は慎重に

効果が強い半面、副作用があるミノキシジルですから、

本当に必要かどうかを見極めた上で、慎重に使っていくのが望ましいですね!

 

薄毛対策で体調を悪くしてしまったら、本末転倒ですから十分にお気をつけください!