5αリダクターゼ

読み方は、”ご あるふぁ りだくたーぜ”

テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう原因です。

関連記事:テストステロンと薄毛の関係

 


 

AGAの原因

5αリダクターゼは毛母に存在しています。

テストステロンが体の中を巡って毛母内に入った時に未知なる遭遇をします。

 

その結果、

 

ジヒドロテストステロンの影響を受ける

→ 毛母細胞の働きが抑えられてしまう

→ 髪の毛が成長しきれないまま抜け落ちてしまう。

 

というのがAGA(男性型脱毛症)の主な流れなんですね。

 

5αリダクターゼが存在するのは2箇所だけ

なんと、5αリダクターゼが存在するのは、

  • 前頭部
  • 頭頂部

この2箇所のみなんだそう。

 

「なぜ、そこだけに存在するのか?」

という理由は、未だに解明されていないんですって。気になりますね。

 

でも、

  • 前頭部の生え際から薄くなっていく
  • 頭のテッペンから薄くなっていく
  • 両方(前頭部、頭頂部)が同時に薄くなっていく

これらが、AGAの主なハゲ方なので違いはないでしょうね。

 

AGAは完全に抜け落ちているワケではない!

AGAは上記の通り、

「ジヒドロテストステロンの影響で毛母細胞の働きが抑えられ、成長しきれないまま抜け落ち」てしまいます。

けれども、毛のサイクルは生きているんですよね!

 

 

「成長しきれないままの髪の毛」なので、本来の髪よりも細く短いです。

そのため地肌が丸見えで、文字通り”薄毛”な状態です。

 

ただ、薄い状態なだけで、成長さえ出来れば元に戻るって理屈なんです。

薄く細い毛を本来の太さ、濃さに復活させてあげよう!って話になります。

 

AGAの対処法

「5αリダクターゼ」こそが、AGAにおいては諸悪の根源なわけです。

(言葉はよくないけれども、それが何とかなれば良くなるのは確か。)

 

テストステロンは、ジヒドロテストステロンに変わらなければ、とても優秀なものです。

体に良い作用を持っていますので決して悪者ではありません。

 

「5αリダクターゼ」を抑え込むことが出来れば、万事OKです!

 

5αリダクターゼの抑制法

AGAの原因である「5αリダクターゼ」は、抑え込むことができます!

 

サプリメントや食品を摂る

亜鉛:生ガキ、しじみ、レバーなど

ノコギリヤシ:主にサプリメントから

 

医薬品を使う

5αリダクターゼ抑制には、フィナステリドという成分が有効です。

プロペシアという薬の有効成分として広く知られています。

 

ただ、医薬品ですので、医師の処方が必要なため入手が容易ではありません。


 

育毛剤を使う

サプリメントに次いで手軽な方法で、多くの人が実践している方法です。

さまざまな育毛剤が売られていますから、しっかりと選ぶことが大事になってきますね!

 

 

とにかく放っておいても治るものではないので、何らかのアクションが必要です。

原因と対処法が分かっていれば、あとはやるだけですよね!

少しづつでも実行して、本来の髪を復活させましょう!!